ヨガや操体法をやったり、共感コミュニケーションのサークルをやったり。田舎生活を送りながら子育て中の日々を綴ってます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
まずは私が楽しんでるから


夫がオランダへ向かって。

古賀家はただ今4人家族中。

以前だったら1人で子供たちをみるなんて!!と、お手上げ状態だったと思うんだけど。


今のところ「頑張らない精神」でいるので

布団は敷きっぱなし笑

夜ご飯は、シチューとごはん(のみ)

簡単に済ませるように務めている笑笑


それでも、やりたい事はやる精神でいるので

NVC認定トレーナーの後藤ゆうこさん&剛さんの調停(ミディエーション)のオンライン講座は受けていて。

朝の8時から2時間。

IITの復習にもなるし、良い1日のスタートになる。

NVCが言う「調停」は、裁判をイメージしてもらうとわかりやすいと思うのだけど。

AさんとBさんが居て揉めていると仮定して。
それを、共感コミュニケーションを用いて裁判をするのがNVCの調停。

※ここで言うNVCとは、共感コミュニケーションのこと。
nonviolent communicationの意味。

普段の会話でも、客観的に見てみるとキャッチボールしにくいのだけど。

敢えて調停では第三者が入ることによって

つながりの質を保ちながら話が出来るようになると良いね、というもの。


改めて、人の話って奥が深いなぁ〜〜なんて感じてるところ。


これも、年明けからの練習会でシェアしていきたいなぁと予定してます。

ぜひぜひお楽しみに〜〜♪


子育てにも、パートナーとのやりとりにも、ビジネスの上司や部下とも、役立つのではないかな。


もう少し掘り下げていくところです。

ちなみに、ヨガとも相性が良くて

日本名では、非暴力コミュニケーションとも言われています。

ヨガ哲学のアシュタンガヨガの1つに「アヒムサ」(非暴力)であること。
という教えがあるけれど、まさにこのコミュニケーションは、非暴力であることを生きる、こと。


そんな希望を持っています。



NVCの意識、で、生きること。



何よりもつながり方の質が変容していくことを自分自身が楽しんでいるのです。。。

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
リクエストをするまで


10月にIITに参加してから

とても忙しい日々が続いていて。


それは、私ではなく、夫がとても忙しい!!



おかげで家事のルーティンと畑の世話をするだけで1日が終わる。笑


もはや畑の手入れなんて出来る余裕すら無くなった。

夜は21時に子供たちと共に就寝。(←疲れてるから笑)

11月はそれで終わりー、、、
12月もそんな感じになる、、、?
 

 

、、、のが嫌だったみたい。

私が!!!



「1人でどこかに行きたい」 夫にリクエストをした


久しぶりに1人で出かけた。

いや、昼間に1人で運転することはあっても
夜に時間を気にせずに外出するのはいつ以来?


山の中にある温泉に行き、(子供たちが居ないことに違和感がありつつも)1人の時間を堪能することに。



環境が変わったんだな〜〜

子供が生まれてからあっという間の6年。

経過する時間の速さが圧倒的に違うんだもの〜


私が居ない時間、三男が授乳したがっていることは、推測出来るんだけど。

夫を信頼して任せて。任せて。。と言い聞かせて。←三男には少々痛みが有るけど
夫にはいつもの状況を体験してもらおうという本音がある。笑笑




私、余裕がなかったんだなぁ。。。

夫に言いたいことあるのに、我慢してたんだ。


夫に言いたいことを自然と我慢したり、
やりたい事や欲しいものを我慢したり、諦めたり、、、
主婦は自分を優先してはいけない、って思い込んでるのかもしれない。。。


ってことに気づいた。



恋人同士の時は違ったのにな!!!



子供もさ、可愛いだけじゃないしね。
部屋もおもちゃで散らかすし、
食べた後は床に残骸が散らばるし、
すぐに出かける支度出来ないし、

三男は絶賛後追い中だから、トイレも落ち着いて過ごすことが出来ない。。。
家族5人の洗濯物で毎日洗濯機は回すし、


美佳ちゃん、あなたよくやってるよ、毎日!


って、自分を褒めました。私!!笑


誰も褒めないから自画自賛!!上等!!!!!

 

 

 

自分の中で自分としっかりつながって、帰ってきて夫にリクエストしたの。

 

「月に1回でも2回でも良いから夜にカフェで本読みたい」

 

 

 

それを聞いてた夫はただただ頷いた・・・

 

 

 

子育て comments(0) trackbacks(0)
そろそろ




お遊戯会、終わったよ〜〜!!








さてさて、すっかり!ブログを書くことも少なくなったのには理由があるようで〜〜






なんでかなぁ〜〜なんて、
自分でもよく分からない時期もありつつ。


ようやく明確になったので書いておこうっと!

以前の私は、悩むのが好きだったみたいで苦笑

ブログを書くことによって
心のバランスを取っていたんだと思います。



今は、、



三男もやって来たし(子供が増えたし汗)


1人の時間がさらに無くなって
子供たちの成長はこちらの都合関係なくどんどん進んで行くし汗

夫も仕事で忙しく働いているし!


おぉ、、、これは子供たちと一緒にいる人は自分しか居ないなぁ。。。となるわけで。



でも子供たちを理由に「諦める」のはしたくないんですよね〜〜

何よりも、共感コミュニケーション/NVCのおかげで自分自身の状況が自分でわかるようになって来たことで








「今の私はどうしたいのかな?」

と、自分自身に問いかけているのもあって。


悩みが減った〜〜!!!


のです。



もちろん、困ったことは都度勃発するので、その都度解決していく必要性はあります(^ ^)


まぁ相手は子供たちだったり、夫だったりしますね、、、



あとは父だったり、、、




このブログも、夫に「1人になりたい」とお願いして

久しぶりに、夜におでかけして書いています。








そんなわけで
年明けから、また共感コミュニケーション練習会を始めます。。


長崎市内のとある場所を整えて、いつでも色んな人たちと話が出来るように。。。

いま、ゆっくりお掃除中です。




そして、2月にとてーも楽しみな企画が出来そうなので。。


のーんびり?楽しみだったりしています。


気負わず、気負わず。。。笑


また、このブログでお知らせします。。


このブログを読んでくれている方がいて

あなたがいて、


ありがたい。


読んでくれてありがとう。。

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
ナガサキリンネ終わって





数年ぶりに風邪をひいてます。

体調崩してませんかー?


久しぶりにブログ更新!


11月25日と26日に長崎市で開催されたナガサキリンネ。




夫、古賀正裕もブースを出してたくさんの人と話せたそうで満足していました。

立ち寄ってくれた皆さま、ありがとうございました。
そしてスタッフの皆さま、本当にお疲れさまでした。







上の写真、ナガサキリンネで5年ぶり?
に会った作家の佐藤恵さん。




作風で気づいた方は、、、いるかしら?


以前やっていたヨガスタジオの壁に絵を描いてくれたのが佐藤さん。



「お互い色々あったねぇ〜」なんて話しながらも佐藤さんの変わらない作風に
ついつい和んでしまったわ〜〜笑





でね、このクマさんのカバンの中には本が入ってます笑笑




猫バージョンもあって、猫のカバンの中には人相の悪い魚が入ってました笑笑

ちなみに、コレはブローチ。



ナガサキリンネ最中は、夫がつけてました〜〜笑笑



ぼやき comments(0) trackbacks(0)
平穏

 

 

 

 

 


今は、子育て中&親の介護中。

あなたは、どんな子育てをしたいですか?



子供たちを取り巻く社会は、

「これをしたらダメ、あれをしたらダメ」と言われやすい環境なのかもしれない

なんて感じてるところです。。。
 

 

 

もっと本人たちを信頼して良いのではないかなぁなんて感じますがどうかしら??


個人的に面白いページを見つけたのでリンク貼ります。

子育て中の方へ

介護中の方へ。

いつかはやってくる、
(事故死とかではない限りの)自分の死には、結構興味があって。


それまでに、どう在りたいのか。。。

 


自問自答しているところ。





 

 

 

 

 

子育て comments(0) trackbacks(0)
1日行事の付き合い



長男のバス旅行へ1日付き添いしてみてー

園の先生やお友達と一緒に

バスや電車や船に乗って、

一日過ごした時間。


こうやって親になっていく時間や今回のような行事が増えている中で。。

(まぁ、当たり前っちゃぁ当たり前のことなんだろうけどー、、、)


最初から、「親」になってるわけじゃないんだし。

と、子供を産んでから思い知ることの連続。笑






共感コミュニケーション/NVCの国際集中合宿/IITで、

感情には、何層にも重なっている
とても繊細なレイヤーがあるのだと感じたのだけど、


なんていうか、、、


子供たちとの時間が、同様にー



層のように積み重なっていくような、、、



そんな感覚がしている。。。





今の教育機関で定められた年齢で

小学校、中学校、高校、、、って

入学して卒業していくんだろうけど


その間で、どれだけ子供たちそれぞれと、信頼関係を作ることが出来るかなぁって思ってる。







相手が1人じゃないので、

ほんっとに手が回らないし「無理!!」っていうシーンによく遭遇するんだけど笑

丁寧に伝えることも大切なんだなぁと思ってます。



1番大変な家族とのつながりの時間の過ごし方。



此処を丁寧にしたいなぁ〜



今はそんな感じ。。








11月に入りIITで学んだ事を、
ようやく整理していこうかなと思ってます。

色んな人と過ごして自分が経験した学びと
セッション(講義)で学んだ内容と。

この2つを掛け合わせていきたいので。


統合が進んでから、再び共感コミュニケーション練習会を予定していきたいと思います。


人の気持ちってとても繊細だし、自分でももう少し時間をかけて、丁寧にやっていきたいので。。。


ヨガと同様に生きていく中で洗練されていくもののように感じてます。


どうぞシェア出来る日を楽しみにしてもらえたら私も嬉しい!!!




子育て comments(0) trackbacks(0)
《IITの出来事・振り返りぁ

 

《IITの出来事・振り返りぁ

※これが最後の振り返り投稿でーすー

「あなたにとって必要なサポートが全て届きますように」

IITに一緒に参加していた Filippaが最終日に私に伝えたメッセージ。

 

IITの10日間は100人以上の人たちの中で

10ヶ月の赤ちゃんと私とその場にいた人たちが同じ空間で、

NVCを学び共に生活をするという、NVCをまるごと生きる・・・そんな時間だった。

 

「赤ちゃんをみておくから、温泉(お風呂)に入ってきていいよ。ある程度落ち着いたら教えて」

「赤ちゃんをみておくから、お母さんはご飯をゆっくり食べていいよ」

「赤ちゃんとお母さんのふれあいを眺めていてこちらの気持ちが和んだよ、

自分の子供の小さい頃を思い出したよ、赤ちゃんを連れてきてくれてありがとうね。etc,etc」

 

ご自分の子供がいるからこそのエピソードを聞かせてもらったり、、、

数え切れないほどのギフト・サポートをこちらもたくさんもらったのでしたー

 

いや、ただ、、、赤ちゃんが同じ空間にいることで、身体的・精神的に落ち着くことが出来ない人がいる。

ということも今回で十分に理解したので。

(このことを正直に伝えてくれて感謝しています)

 

可能な限り、、、具体的に書くと、セッション中に赤ちゃんが泣いたら

即座に別室に移動する、赤ちゃんが他の方のペットボトルで遊び出すとすぐに廊下へ連れ出す、、、などの配慮はしました。

(のだけど足りなかったかもしれない。。)

 

 

お母さんは、出産すると社会から外れてしまうの・・・?

なーんて私一人で勝手に感じていたのだけど、

しっかりと含まれた10日間だったのでしたー

 

 

子育てに悩むお母さんはとても多くて。

愛しているのに、子供に伝わらなくて反省している人は多くて。(まぁ相手は子供だけじゃないけど〜笑)

NVCを生きてみて、希望が持てた機会になったことは確か❤️

 

100人いたから、それぞれのストーリーがあって。

聞きたかったし、つながりを深く濃くしたかった、、、

それが心残りなんだけども、、、

完璧じゃなくて良いんだなぁ〜ってことも実感したしね。

自分とのつながりをまずは大事に。

 

 

自分のやりたいことを明確にして。

次は海外のIITに参加するという目標を持ち、今の生活ペースを変えずに、やりたいことはやっていくぞー。まる。

 

※今回、きくあつが焼いたスコーンがマジうまだった。

(お気に入りは、メープル笑)

 

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
《IITの出来事・振り返り》 -medicine dance-

《IITの出来事・振り返り》

-medicine dance-

共感コミュニケーション/NVCの国際集中合宿/IITの終盤に
NVCトレーナーcatherineの夜セッションにあった「ダンスロッジ」参加した時のこと。

「どんなのやってるんだろう〜」という興味だけでのぞいてみたら、

薄暗い灯りの中、ニーズカードを散りばめたフロアで
踊っている人たちがいて、三男を抱っこしたまま混ざってみた。

薄暗いので「どうとでもなれ〜」という恥ずかしさを超えて、やけっぱちだったかもしれないけど笑

途中、その場にいた人たちで大きなサークルを作り、

「medicine dance」をやるからと、サークルの中でcatherineが1曲まるごと踊ったその姿が本当にかっこよかった。

その場に居て、曲と一体していて、嘘が無くて潔い姿が美しかった。

「次にやりたい人いない?」

と言ったcatherine の声で、かけていたメガネを椅子に置き、

前に進み出て、三男をサークルの中心に置いてみた。

「手を床につけて始めて」というcatherineのインストラクションに従い、、

4分くらいかな、、初めて聞く曲を信頼し夢中で身体に従ってみた感じ。。

不思議とその時は三男も泣かず、彼なりに付き合ってくれたのかもしれない笑

夢中で楽しくて自由な4分だったよ。

終盤は、原子の動きを思わせるサークルがあったり

身体とつながる時間を味わい尽くしたセッションだった。

https://dictionary.goo.ne.jp/ej/636411/meaning/m0u/

NVCを始めると自分に正直になり、表現をしたくなるものだけど。

その伝え方というよりも意識であるのだということを

それぞれのトレーナーから学んだように感じていて。

 

 

その場にただ「在る」こと。

今回の経験はその1つにすぎないのだけど。。。

一つずつ、こんな経験重ねていけたらいいな。希望!!

※写真はルームメイトだったアヤナちゃん撮影〜笑

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
| 1/133 | >>