ヨガや操体法をやったり、共感コミュニケーションのサークルをやったり。田舎生活を送りながら子育て中の日々を綴ってます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
子供たちを信じるってこと。

4月に入って長男は年長組に。次男の3歳クラスは複合学級なので4歳の年少さんたちと同じクラス。三男も2回/週、登園中。

自分の時間ゼロ状態から、少しずつ自分のことを創造する時間を設けているのか否か。夫の事務整理も溜まっているのだけども、手をつけることが出来てなくて5月からかなー笑
ヨガ教室は5月から再開。雪浦でも出来そうで、私もリハビリがてら錆びないうちに身体を動かしまーす。

今、ハマって読んでいる子育て本があり完読して痛感したのが「子供はそれぞれの人生を生きる為に生まれてきたのだから、そのサポートをすることが親の役割!」と。子供は親の言うことを聞かなくて当たり前。笑
恐らく自分の母は、そうではありませんでした。と「私が捉えている」んだよなぁー。母の言うことを聞かなかったら手が出たこと、習い事や進学や就職についても同様だったように感じていて。まぁ、それはそれで私の過去の出来事の一つずつにすぎないことも今の私は解ってる。
なぜなら「自分の過去(の捉え方)を変えることが出来る」ってことを私は共感コミュニケーションで実践してるから。
だからこそ今の私は、子供たち3人とそれぞれに向き合い、尊重して生きる為に共感コミュニケーションを学んでいます。(←それだけではありませんけどね!)子供は立派に表現するから実に面白い。大人より素直だしねー
良い練習相手ですわ!


イキイキと表現する子供たちと一緒に遊ぶと、とてーもとてーも楽しい笑
トランプやゲームで負けると本気で悔しがる長男に、最近はわざと負ける私です笑


なぜ、学校に行くの?なぜ、保育園に行くの?どうして、働くの?
子供たちから質問されたらどのように答えますか?
私は、ようやく自分の中から答えを見つけました。

そういった意味でも私は母に感謝してます。生きるって面白いことの連続。だって人生ギャグだもーん笑
家族という一つのコミュニティの中の楽しみを見つけてお祝いです笑

これからあなたにも、シェアしていきますよ。一緒に少しずつ創造していきましょう。そんな機会を設けていきます。
明確にお伝えすることが出来るようにこのblogでも書いていきますー


にゃむ!

子育て comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m0117.jugem.jp/trackback/1219
<< NEW | TOP | OLD>>