ヨガや操体法をやったり、共感コミュニケーションのサークルをやったり。田舎生活を送りながら子育て中の日々を綴ってます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
新鮮な風を受け取った日

旅の疲れも程よく残っている間に少しだけ、あなたとシェアしたい熊本での共感コミュニケーションWSのこと。


安納献さん、穏やか〜な感じはオンラインでも伝わって来てたのだけど。

WSに一緒に参加した(NVC/共感コミュニケーションを全く知らない熊本在住の)お友達が「あれだけ前に前に出ないのに、最後に綺麗にまとまるのは凄いね。逆に凄いと思った。」と感想を述べた。


これを聞いてほんとにそうなんですよ!と大きく頷いていて、、、


今まで数々のWSをオーガナイズしてきた私も同様に感じていて。(「共感コミュニケーション」の面白さもあるのかも)


最後には、参加した皆さんにニーズカードを配布して「やりたい時に自分1人でも良いし、誰かと一緒に共感コミュニケーションの練習してね」と言葉を残して終了〜〜



参加してた人たちから「えーー!」嬉しい!どよめきが起こったわけで。。

ちなみにWS終了後は、熊本で共感コミュニケーションを実践してる人たちによる、献さんとアシスタントの理子さん、オーガナイザーの、きらさんへ

フラダンス&ギター&歌のお礼タイムもあり、
周囲では(我が子たち含めた)子供たちが走りまわり、

とても和やかな、優しさに満ち満ちた時間はほんとに平和な空間だったなぁ。。。


場を進行する「ファシリテーター」のタイプも様々で。献さんのように(意図してないだろうけれども例えるなら→)「自分を消す」ようなやり方もあれば、真逆なやり方もあるのだろうなーー


※例えるとヨガの場合「インストラクション、導き方」も様々だと思っている。(まぁ、流派や考え方にも左右されるだろうけど。)



なかなか居ないタイプの献さんに新鮮な風を受け取ったのですよーー




居心地が良い空間だったなぁ〜〜(^ ^)



ちなみに、雪浦の真光寺さんでのヨガ教室もお香の香りがする空間で、ゆる〜りやってまーーす。

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m0117.jugem.jp/trackback/1246
<< NEW | TOP | OLD>>