ヨガや操体法をやったり、共感コミュニケーションのサークルをやったり。田舎生活を送りながら子育て中の日々を綴ってます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
親とのやりとりに困っていたんだなーと


父の介護ケアで、実家に帰る日が続いている中で、


今まで「父の一言によくカチン!と、反応して怒っていたんだなー私。」と自分で気づきがあったりして(^_^;)苦笑


「○○してほしい」
(例そこにある薬をカレンダー通りに並べて、着替え手伝って、掃除機かけて、ズボン履くの手伝って等の)リクエストが多くあり

それも、唐突に父のタイミングで言うもんだから、

「こっちだって、こっちの事情があるんだよ!!」でして



で、こんな時に共感コミュニケーションしてみたら、

「そっかー、サポートが必要?」
「今から三男を寝せるんだけど。急にお願いされて私も困ってる。」


とかとか、、、
今の自分のことを、
自己表現を相手に(この場合は父に)伝えるようになってきた。

そんな自分にお祝い!!笑


だって、今まで「嫌」「無理」って言ったり(その後「やっぱりやってあげれば良かったって罪悪感あったり。。)

イヤイヤながらもリクエストに応えていたんだもの。。。

始めは良くても、リクエストが続くとうんざりしちゃうし。。。



一度相手のリクエストを受けて、

「【サポート】や【気にかけてもらうこと】が必要なのかな、

って言ってみるだけでも(言わないまま、自分の心の中でだけでも可)
随分と違いが出て来るもので。


自分の喜びから、

着替えを手伝ったり、

寝る前に父の腰にテルミーをあてて、身体のケアをしたりするようにもなるもんで(^ ^)



いやはや、ほんとにお祝い!!←しつこい?

でも、自分に「【進歩】したねって」お祝いだよ〜〜!



自分を育ててくれた親。

娘の私。

孫の子供たち。

親でもある私。



「立場」じゃなくて「つながり、思いやり」から話せるような関係でありたいな。


縦の関係でなく、円の関係。




介護にも役立つ!?共感コミュニケーション。

9月18日(月、祝)11:00〜13:00まで
長崎市の新大工町にある「和みカフェ 花むすび」さんで練習会やりますよ〜(^ ^)

ランチ、ドリンク、デザート付です。

良かったら、どうぞいらしてくださいまーせー(^ ^)



介護の世界をだいぶ知ることになり、
現場で働く人たちを見て、

ただただ感心して身体を労って欲しいなぁと願うばかりです。。。
共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m0117.jugem.jp/trackback/1257
<< NEW | TOP | OLD>>