ヨガや操体法をやったり、共感コミュニケーションのサークルをやったり。田舎生活を送りながら子育て中の日々を綴ってます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
《IITの出来事・振り返り》 -medicine dance-

《IITの出来事・振り返り》

-medicine dance-

共感コミュニケーション/NVCの国際集中合宿/IITの終盤に
NVCトレーナーcatherineの夜セッションにあった「ダンスロッジ」参加した時のこと。

「どんなのやってるんだろう〜」という興味だけでのぞいてみたら、

薄暗い灯りの中、ニーズカードを散りばめたフロアで
踊っている人たちがいて、三男を抱っこしたまま混ざってみた。

薄暗いので「どうとでもなれ〜」という恥ずかしさを超えて、やけっぱちだったかもしれないけど笑

途中、その場にいた人たちで大きなサークルを作り、

「medicine dance」をやるからと、サークルの中でcatherineが1曲まるごと踊ったその姿が本当にかっこよかった。

その場に居て、曲と一体していて、嘘が無くて潔い姿が美しかった。

「次にやりたい人いない?」

と言ったcatherine の声で、かけていたメガネを椅子に置き、

前に進み出て、三男をサークルの中心に置いてみた。

「手を床につけて始めて」というcatherineのインストラクションに従い、、

4分くらいかな、、初めて聞く曲を信頼し夢中で身体に従ってみた感じ。。

不思議とその時は三男も泣かず、彼なりに付き合ってくれたのかもしれない笑

夢中で楽しくて自由な4分だったよ。

終盤は、原子の動きを思わせるサークルがあったり

身体とつながる時間を味わい尽くしたセッションだった。

https://dictionary.goo.ne.jp/ej/636411/meaning/m0u/

NVCを始めると自分に正直になり、表現をしたくなるものだけど。

その伝え方というよりも意識であるのだということを

それぞれのトレーナーから学んだように感じていて。

 

 

その場にただ「在る」こと。

今回の経験はその1つにすぎないのだけど。。。

一つずつ、こんな経験重ねていけたらいいな。希望!!

※写真はルームメイトだったアヤナちゃん撮影〜笑

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m0117.jugem.jp/trackback/1267
<< NEW | TOP | OLD>>