ヨガや操体法をやったり、共感コミュニケーションのサークルをやったり。田舎生活を送りながら子育て中の日々を綴ってます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
《IITの出来事・振り返りぁ

 

《IITの出来事・振り返りぁ

※これが最後の振り返り投稿でーすー

「あなたにとって必要なサポートが全て届きますように」

IITに一緒に参加していた Filippaが最終日に私に伝えたメッセージ。

 

IITの10日間は100人以上の人たちの中で

10ヶ月の赤ちゃんと私とその場にいた人たちが同じ空間で、

NVCを学び共に生活をするという、NVCをまるごと生きる・・・そんな時間だった。

 

「赤ちゃんをみておくから、温泉(お風呂)に入ってきていいよ。ある程度落ち着いたら教えて」

「赤ちゃんをみておくから、お母さんはご飯をゆっくり食べていいよ」

「赤ちゃんとお母さんのふれあいを眺めていてこちらの気持ちが和んだよ、

自分の子供の小さい頃を思い出したよ、赤ちゃんを連れてきてくれてありがとうね。etc,etc」

 

ご自分の子供がいるからこそのエピソードを聞かせてもらったり、、、

数え切れないほどのギフト・サポートをこちらもたくさんもらったのでしたー

 

いや、ただ、、、赤ちゃんが同じ空間にいることで、身体的・精神的に落ち着くことが出来ない人がいる。

ということも今回で十分に理解したので。

(このことを正直に伝えてくれて感謝しています)

 

可能な限り、、、具体的に書くと、セッション中に赤ちゃんが泣いたら

即座に別室に移動する、赤ちゃんが他の方のペットボトルで遊び出すとすぐに廊下へ連れ出す、、、などの配慮はしました。

(のだけど足りなかったかもしれない。。)

 

 

お母さんは、出産すると社会から外れてしまうの・・・?

なーんて私一人で勝手に感じていたのだけど、

しっかりと含まれた10日間だったのでしたー

 

 

子育てに悩むお母さんはとても多くて。

愛しているのに、子供に伝わらなくて反省している人は多くて。(まぁ相手は子供だけじゃないけど〜笑)

NVCを生きてみて、希望が持てた機会になったことは確か❤️

 

100人いたから、それぞれのストーリーがあって。

聞きたかったし、つながりを深く濃くしたかった、、、

それが心残りなんだけども、、、

完璧じゃなくて良いんだなぁ〜ってことも実感したしね。

自分とのつながりをまずは大事に。

 

 

自分のやりたいことを明確にして。

次は海外のIITに参加するという目標を持ち、今の生活ペースを変えずに、やりたいことはやっていくぞー。まる。

 

※今回、きくあつが焼いたスコーンがマジうまだった。

(お気に入りは、メープル笑)

 

共感コミュニケーション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m0117.jugem.jp/trackback/1268
<< NEW | TOP | OLD>>